人生相談室:がんばらない生き方マニュアル♪
人生相談無料



糖尿病を笑いで治療?

笑いの効果

笑いが血糖値を引き下げる。

このことを実際に実験し、証明したのが、国際科学振興財団の「心と遺伝子研究会」代表で筑波大学名誉教授の村上和雄氏です。
2003年に、村上教授は糖尿病患者21人に対してある実験を行いました。
2日間に渡る実験の初日は、被験者に糖尿病のメカニズムに関する難しい講義を聴いてもらいます。
次の日は、吉本興業の協力のもと、漫才のステージで笑ってもらいます。

実験の結果、21人の食後血糖値と空腹血糖値との差が、初日と2日目では大幅に変わりました。
講義を聴いた初日の差が平均123mg/dlだったのに対して、漫才で笑った2日目は平均77mg/dl
差はなんと46mg/dlという大きな値でした。

村上教授の話によると、遺伝子には生命の維持に必要な物質を体内に作り出す働きがあるということ。 いわば体の司令官で、血糖値のコントロールにも深く影響しているとのことです。
「笑い」はこの良い遺伝子のスイッチをオンにするということ。
だから「笑う」ことで、血糖値が下がったのだそうです。

ストレスは糖尿病だけではなく、癌や脳梗塞など、深刻な病気を招くといわれています。
「笑い」はこのストレスを解消させ、心身の免疫作用を強化する一番お金のかからない薬かも知れませんね



笑いの効果A

●血糖値を抑えて糖尿病の予防・治療に
糖尿病は、血液中の血糖量が多いままになり、動脈硬化や神経障害などの深刻な症状を引き起こします。 しかし最近、楽しく笑うことで糖尿病患者の血糖値が下がるということが明らかになり話題を集めています。
多すぎても少なすぎても困る血糖値ですが。。。
笑いは、そのバランスを整える体内のメカニズムに働きかけ、糖尿病の治療に役立つことが明確に証明されたのです。

●笑いには鎮痛効果がある
笑うことにより、脳波にアルファ波(癒し効果)が多く現れ、またβエンドロフィン(脳内モルヒネ=快楽物質)も でてくることがわかってきました。
これは、痛みに対しても「笑い」が効果的であると言えそうです。


メインメニュー |人生相談室TOP |消費者相談センター |笑う生き方 |病気にならない生き方 |定年後の生き方 |宇宙が味方する生き方 |自給自足の生き方 |食と生き方 |エコな生き方 |パソコン知識 |自立した生き方 |和の生き方 |生き方マニュアル     
サブ Menu |笑うがん療法 |笑う効果 |笑うとは? |笑いの種類 |笑うことわざ |笑う動画 |笑いと病気 |笑えない方へ |糖尿病と笑い |リウマチと笑い